コンテンツへスキップ

女性は特にそうですが、「占いが好き」だという人が大勢います。男性の中にも占いが好きな人はいますが、割合としては女性の方が多い傾向にあることは確かでしょう。テレビでも毎朝独自の結果を放送していることからも分かるように、常に大きなニーズを持っているジャンルだと言うことが分かります。

ただ、何を目的に利用しているのかは人それぞれです。結果を見て一喜一憂する人もいれば、良い結果の時だけ参考にするような人もいます。そもそも科学的な根拠が証明されていないものである以上、明確な根拠を持って確信できるものではありません。いわゆる、「信じるか信じないかはあなた次第」というフレーズがしっくりくるようなものでしかないわけです。

さまざまな目的で結果を活用している人がいる中、婚活中の人などは「恋愛をするきっかけ」として活用することが多くあります。当然のように「恋愛運」として紹介される項目がある通り、占いを参考にする人の多くが興味を持っているジャンルはある程度偏っています。恋愛、健康、仕事、金運(ギャンブル運)などの特定の項目が人気で、中でも特に人気が高い項目が恋愛です。

とは言え、そもそも根拠に乏しい情報を頼って結果が得られる可能性は低いでしょう。たとえば未来人が現代にタイムワープしてきて、未来で実際に起こっている事実を基に「特定の人物に対して明確な助言」をするのであれば信憑性もあるでしょうが、そんなことはありえない以上は不確実な情報でしかないということになります。

ただ、「占いが良かったから」「もしかしたら」という期待が良い方向に影響する可能性は十分にあります。いわゆる「プラシーボ効果(プラセボ効果)」によって状況が好転する可能性はゼロでは無い以上、「良い結果になるはずだ」と思い込むことで結婚のチャンスを掴み取れる可能性はあります。

結局のところ、どのような相手が運命の人なのかは分かりません。結果的に幸せだと感じることができる人生を歩むことができて、死の間際になって「運命の人だった」と感じることができたとすれば、その相手はそうだったのだろうと評価することはできるでしょうが、出会った段階からそうだと決めることはできません。できることといえば、「そうかもしれない」と思い込むことだけです。

「運命の人」が本当に存在しているのかどうかを証明する方法はありませんが、「何かに結び付けて運命だと思い込む」ことが、自分の恋愛を幸せなものにするきっかけに「する」ことができる要因の一つであることは間違いないでしょう。

世間では「共通の趣味があるカップル」の方が恋愛は上手くいく、と言われています。それは紛れもない事実です。しかし、全員がそうなるわけではありません。むしろ共通の趣味を持ってしまっているため、カップル間で喧嘩が起きる事もあります。

例えば、同じ読書という趣味を持っていたとしても、実は本当に好きな作家は別々だったりします。彼氏は硬派な海外のミステリ小説が好み、彼女はカジュアルの読めるライトノベルや日本人作家の恋愛小説が好み、という場合、同じ読書という趣味を双方が持っていたとしても、実は価値観が微妙に違っているはずです。

表面的には同じ読書家同士なので一見すると相性が良い風にお互いが感じてしまい、相手と無理やり会話を合わそうとします。しかし実際は好きな作品の方向が違っているため「本は地道にじっくりと読むのが最高」という価値観を持つミステリ好きな彼氏と「ライトノベルは一気に読破するのが最高」というカジュアルに読書を楽しむ彼女との間では、共通の趣味があるからこそ、喧嘩やすれ違いが起きてしまいます。

カップルの相性を正しく見極めるためには、共通の趣味ではなく、共通のツッコミどころの有無を探すべきです。ツッコミどころが同じという事は、かなり本質的な部分で価値観が似通っている事を意味します。

例えばテレビドラマを見ていて、女優さんが朝ベッドから起床するシーンを見ていたとします。その時、男女揃って画面に向かって「いやいや、寝起きなのにバッチリ完璧にメークが決まっているのはおかしいじゃん」と、漫才のようにツッコミを入れたら、相性は良好と言えます。

なんだか不思議な相性の決め方ですが、これは非常に精度が高いです。反対に自分ひとりだけが女優さんの完璧なメーク姿にツッコミを入れただけで、相手が「それってどういう事?」となってしまっていたら、少し要注意です。

またテレビのワイドショーや健康番組、そしてバラエティー番組を見ているときも同じです。テレビ番組にはしばしば現実ではありえないおかしいところがあります。またバラエティーやワイドショーでは視聴率を取るために、あえて出演者が過激なコメントをしたり、ブラックジョークを飛ばします。

その様子に対してツッコミを入れるポイントが共通していたなら、男女間の恋愛の相性は良好となり、共通の趣味で区別するのも、精度は上です。「あの政治家、昨日は消費税減税が良いって言っていたのに、今日のワイドショーでは消費税増税が優先って言ってるじゃん」等、画面に向かって男女が似たようなツッコミをすれば、政治や経済に関する価値観が本質的に似ている事を意味し、恋愛の相性はもちろん、結婚生活の親和性も良好と考えられます。

男女の恋愛における「相性」にはさまざまな考え方があります。「思想」「好み」「認識」「知識」「才能」などの項目ごとに相性が存在していて、合う、合わないを感じながらゴールインを目指すのかどうかを決めることになります。よくある話としては、「食の好みが合っていないと恋愛や結婚が長続きない」と言われます。いわゆる「胃袋を握る」というやつです。

食の好みが合っている場合、日常生活において基本的にストレスを感じる瞬間が少なく済みます。趣味などで趣向が合っていない場合があったとしても、趣味はあくまでも個人の自由なので他者が介入する必要性はありません。むしろ、個人の趣味に対して口出しをされること自体がストレスに感じることが多い以上、それを理解しているのであれば他人の趣味に介入しようとすら感じない人が多いです。

しかし、食に関してはそうはいきません。人は基本的に一日三食食事を摂る生き物であり、食事を摂らずに生活していくことは基本的に不可能です。中には栄養を点滴するのみで食事を一切摂らずに生活するような人もいれば、専任のような節制をした生活をしている人もいますが、それはあくまでも特殊な事例です。「毎日食事を摂る」ことが普通であり、生きていく上で必須の行動となります。

ということは、どれほど相性が悪くとも恋愛相手と同じ食事を摂り続けるしかないわけです。合うかどうかに関係なく食事を摂る機会はやってくるため、それがどうしてもいやなのであれば「相手と一緒に食事を摂らない」という選択をするほかありません。つまり、恋愛相手として適切だとは言えないということです。

しかし、食の相性が合わないだけで恋を終わりにしてしまおうという気になるかどうかは別の話です。たとえば、見た目(ルックス)が非常に気に入っている、趣味がぴったりと合っている、思想が合っているなど別の要素がある場合には、食の好みというたった一つの要素だけで別れてしまうにはもったいない状況もあり得ます。しかし、だからと言ってストレスを感じながら恋愛を継続していく選択は得策とは言えません。

ではどうすれば良いのかというと、「いっそのこと同棲をしてみる」という選択がおすすめです。基本的な生活スタイルが違うからこそ相性の違いが生まれているわけなので、同じ生活スタイルになればその差が埋まる可能性に期待が持てます。また、より近い環境で生活を送ることによって理解度が増し、「合わない」と思っていた部分を理解できるようになる可能性もあります。

恋愛を成功に導く秘訣は、とにかく相性の良い異性と付き合う事です。今や世の中の夫婦の大多数が、恋愛結婚です。昔のようにお見合い結婚をする人々はほんの僅かとなりました。自由恋愛となった今、それは男女それぞれが、親の言いなりにならず自分の意志で、恋愛対象を選べます。それは本当に素晴らしい事ではありますが、同時に苦労の原因ともなります。自由恋愛だと、自分の感覚や経験だけで、ガールフレンドやボーイフレンドを決めなければいけません。

相性の良い相手と一発でお付き合い出来れば、めでたく交際から結婚までトントン拍子で進みます。しかし、なかなか現実問題として、恋愛経験が少ない若い男女が、一度や二度の恋愛から、理想的な相性のガールフレンドやボーイフレンドに巡り合う事は出来ません。そもそも相性の良さを調べる術がありませんし、相手のビジュアルや社会的な立場、経済力や世間体などに押されてしまい、自分好みではない異性の方と、なんとなく交際してしまう男女が増えつつあります。

表面的な価値観や性格、そして趣味などが合うだけでは、成熟した男女の恋愛には発展しません。若いカップルにありがちなのが、そういった表面的な部分が合っていれば、結婚生活もきっと上手くいくだろう、という気持ちで、見切り発車的にスピード結婚してしまう事です。決断力は恋愛の成功に不可欠です。しかし、ただ単に相手と話が合う、趣味が合うというだけでは不十分と言えます。

夫婦として共に50年以上生活を共にする以上、生物的な相性を先に確かめておく必要があります。少し生々しいですが、長い結婚を送る上で、いわゆるセックスの相性は極めて大事です。ただ、交際から間もない時期に、いきなりセックスをしてしまうのは逆効果です。体だけの関係になってしまったり、遊び上手な人という印象を相手に与えてしまいます。

セックスをいきなり行って体の親和性を調べるのはNGですが、キスで男女の親密度を占う方法はおすすめです。キスなら交際から間もない男女が行っても、変ではありません。キスを交わすだけで、体の親和性の良し悪しは分かります。
キスを交わして直感的に気持ち良いと感じるなら、相手とのマッチングはOKです。キスもまた広義のセックスであり、非常に生理的な部分での親和性がチェック出来ます。理屈ではなく、遺伝子レベルで好き嫌いが分かる、真の診断方法であり、いくらイケメンや美女だったとしても、気持ち良いと感じなければ、それは運命の人とは言えません。

恋愛相手と相性が良いときは「しっくりくる」のがポイントです。波長が合うと言いますが、本当に仲良くなれる相手は話しやすくて、関係も上手くいきます。『似た者同士』と言い変えられますが、似た恋人同士は仲良くなりやすいのも特徴的で、お友達感覚も目立ちます。しかし、男女の間でコンプレックスが関わる恋愛相手とは、相性がある意味で最悪です。理由は自分の持っていないものを持っている異性に惹かれて、激しい恋に落ちた後に冷めた時が危ういからです。コンプレックスを持っている相手には無条件で、無理矢理に引き寄せられます。恋愛ではそのような様子があります。

しっくりくるな~!と思うと、似た者同士な可能性が高いです。しかも一回や二回だけでなく、何回もしっくりくるとかなら相性が良いと言えます。恋愛はけっこう極端で、似ていないで正反対同士が惹かれ合うか、似た者同士でお友達感覚から付き合って恋愛に入るパターンがあります。似ていない正反対同士は最初の気分は最高に近いです。コンプレックスを持っている人がかなり魅力的に見えて、無我夢中になるのが特徴と思います。しっくりくる相手とお友達感覚(恋愛の時)で付き合うと、自分とよく似ていますから、行動パターンや考え方が分かってしまいます。ですから、かなり仲が良くなれますから、そのまま結婚にまで進む時があるんです。

正反対同士が結婚すると仲が悪くなります。恋愛中は無我夢中でのめり込んでも、籍を入れて一緒に生活するとバトルが始まってしまうのが困ったところですから、注意してください。「なんだ!」や「何なの!?」と思う時が来てしまうと後はフィールドを取り合うバトルか、言葉でケンカがスタートします。

おすすめはしっくりくる相手と愛し合うことです。そのままゴールインしたら、籍を入れて生活しても上手くいきやすいですが、最高なケースだと思います。正反対同士は磁石のように引き寄せながら、反発してます。最後はS極とN極は弾き合うだけの関係になってしまいます。初めからくっつき合えば後も楽だと思いますが、あくまで一例です。正反対同士は努力しても、しっくりするのは難しいと思いますが、それは性別以外の話です。もともと、男女は正反対ですが、性格や血液型、干支や生まれ歳の相性が良ければ、かなりカバーできて最高の関係にもなるのがポイントです。

何回もしっくりときた相手なら、相手が良いと判断できますから、その時はチャンスを見逃さずに仲良くしてください。

恋愛をしている相手でも沈黙が許せる相手と沈黙が気まずいと感じる相手がいます。基本的に、沈黙を許せる相手であれば、相性が良いと言えるでしょう。もちろん、それ以外の価値観も重要になります。たとえば金銭的な価値観や、恋愛の距離感といったものも必要ですので、黙っている時間が許せる相手でも、必ず自分にとってふさわしい相手とは限りませんが、第一関門をクリアはしています。
一方で、黙っている時間が気まずいと思う場合、おそらくその相手とは恋愛が続きにくいでしょう。相性がよいか悪いかといえば、よいとは言えない可能性が高いです。もし、黙っている時間があると緊張する、あるいはしゃべることが思い浮かばないといったことがあり、それでもなお恋愛を続けたい場合であれば、何らかの対策を立てる必要があります。
対策の一つとしては、その間をつなぐための道具を使うことです。例えば、恋人と会っている時にスマートフォンで撮影した写真を見せて、会話のネタにする方法があります。写真であれば、話べたな人や、沈黙に対して気まずいと感じている人でも、間をつなぐことは十分可能になります。ただし、見せる写真も話のネタになるような写真がよいでしょう。例えば相手が女性であれば、女性が喜びそうな子供の写真やきれいなお花の写真などがよいです。また、最近はペットを飼ってる人が多いため、犬の写真や猫の写真を見せてもよいでしょう。一見女性が嫌がりそうな、爬虫類の写真も意外と話しが盛り上がるかもしれません。間違えても男性が好みそうなアイドルの写真やアニメの画像などを見せてはいけません。
この方法が使えるときは、スマートフォンやデジカメを持っているときです。もしもアルバイト先などで何も持っていないとすれば、この方法は使えないでしょう。
次に、家族の話や、将来の話をさりげなくすると、その間がつながります。例えば、自分の家族で最近会った出来事や、過去にどのような子供であったか、兄弟との関係はどうなのかといったことを話してみると、その沈黙を埋めることができます。また、自分たちの将来について話しをしてみてもよいかもしれません。将来の話しをすれば、この人は真剣に将来のことを考えているのだと相手に思わせることができます。
ですが、それでも間が埋まらないのであれば、あらかじめネタを考えておく必要があります。最低でも三つぐらいのネタは頭の中に入れておきましょう。一人しゃべりにならないように、相手のすきなものをリサーチしてそれについて話しをするとよいです。

大好きな相手と良い関係性をいつまでも続けていくためには、相性が非常に重要といえます。この人となら何年たってもずっと一緒にいたいと恋人に思ってもらえるようになりたいと多くの男女が願っているのです。人間は自分と同じ動きをする相手に共感を覚える傾向にあります。そのため、ミラーリングを上手く活用することによって、より一層親近感を持ってもらえることにつながります。
ミラーリングは、鏡に映るような同じ動きを意識して行うことによって、相手に良い印象を与える効果があります。これは恋愛関係を発展させていく上で大きな裏ワザとして使えます。髪をかきあげる仕草を恋人がしたら同じように真似したり、足を組んだら同じく向き合った状態でさりげなく足を組むよう心がけることによって、徐々に親しみの情が湧いてくるようになります。恋人と会うたびにミラーリングを行うようにするだけで、自分たちは似ているのではないか、とても相性が良いのではないかというポジティブな気分に変化していくことになるのです。
そうなると、この先もずっと一緒に暮らしていきたいと自然に考えるようになります。まだ付き合っていない段階で意中の相手がいる人にとっては、飲み会などで向き合って座った時に相手の振る舞いをさりげなく真似するようミラーリングを上手に使うことによって、相手の気をひくことにも繋がるのです。興味をもってもらえれば、そこから会話をつなげたりデートに誘ったりすることも可能です。最初のきっかけ作りとしても非常に役に立つ裏ワザといえます。恋愛関係をスムーズに続けていくためには、常日頃から意識してミラーリングを活用することによって愛情を深めることに結びつくのです。
このように、お互いの恋愛を進めていく上で相性を確認しあえる方法としても非常に便利で頼もしいやり方といえます。自分と同じ動きをしている相手に強い関心や共感を感じる人は、あらゆる世代で増えています。その習性を利用しながら良い関係性を作っていくことが大切なのです。さまざまな恋愛の裏ワザを駆使しながら愛情を深めていくことによって、相手のことを理解しながらも自己表現やアピールにつながっていきます。素敵な恋愛を満喫する上で、賢く振舞うことによってより大きな恋人からの深い愛情を手に入れることにつながるのです。
異性を好きな気持ちを忘れずに幸せを共有する感覚で行動していくことによって、いつまでも新鮮な気持ちで愛し合えます。

【恋愛においてリラックスできる関係はとても重要】
恋愛において、お互いが心地よい関係を作れること、というものは簡単そうに見えて、実はとても難しいものです。これは、もともと、恋愛をしてカップルになる前までは、赤の他人であり、家族であるならばギリギリ許せることであっても、赤の他人である場合には、いくら恋愛で好きになった相手でも、許せない、という事柄などがあるからです。そのため、恋愛において、お互いに一緒にいると、とても癒される相性というものは、大変に重要なのです。基本的に、男性は一歩外に出たら誰かと戦わざるを得ない、と言われているほど、社会でとても過酷な状況を味わっています。また、女性の場合にも、キャリアウーマンなど、働く女性の方々も同じように、社会に出れば、男性と同じように実力 を求められる会社なども存在しています。こうした中で、お互いが、とても居心地が良い相性というものは、極めて恋愛においても良いものであり、お互いに癒しとなってくれるため、メリットが大きいのです。
【相性が良い相手=リラックスできる人の理由】
このように過酷な中で日々を過ごしている人たちほど、帰宅をしたら安らぎが欲しいと望んでいます。そんな中、相手を気遣いリラックスさせてくれる恋人の存在は、とても大切なものです。例えば、お風呂などをわかしてくれていたり、とても美味しい料理を用意していたり、マッサージなどをしてくれる存在の方は、相手に癒しをもたらすことが出来る人であるため、とても重宝されます。また、癒し効果というものは、とても大きく、癒されることで、脳からアルファー波が出る為、より仕事などの疲れが吹っ飛んでくれます。こうしたことから、恋愛相性でも良い相手となることが出来るのです。
【お互いが束縛し合わないことが長続きの秘訣】
よく男性が、恋人に求める性格の人に関しては、もちろん、男性の好みにもよりますが、「優しい人」「のほほんとした人」などが好みのタイプとして、上位に挙げられています。これは、こうした性格の人の場合、恋愛において、相手を束縛しないでいてくれる傾向があるため、とても助かるからです。男性の場合には、急な飲み会など、上司から誘われて断れないものなどもたくさんあります。そうした際にも、何かしらの約束があって、それを仕事のために破ってしまった場合でも、怒らずにいてくれる彼女の存在は非常に大きなものです。こうしたことから、恋愛では、お互いが束縛し合わない関係性のカップルの方がとても恋愛が長続きする、と言われています。

恋愛において似た者同士が惹かれ合うということは珍しくありませんが、一体なぜ惹かれ合うのかと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。
理由というのはいくつか考えられますが、一番大きいのは考えが似ているだけに一緒にいて安心できるというものがあります。
まったく正反対のタイプの相手と付き合う場合には、自分にないものを相手に求めることができる一方で自分と正反対だけに合わないと思う部分が余計に強く感じられてしまうことは珍しくありません。

逆に似た者同士の場合、自分にないものを相手に求めたり意外性というのはないものの、考え方や趣向が似ているだけに一緒にいて落ち着くことができます。
恋愛では自分にないものを相手に求めるだけでなく、自分の考えに同調をしてくれる人を求めることは少なくありませんから、似ている二人というのは相性がよくくっつきやすいといえます。

例えば趣味が同じであれば一緒に同じ趣味のことで盛り上がることができ共通の話題ができるので、恋愛において有利になります。
その人自体に本当に興味があれば自分のまったく興味のない趣味を持っている相手でも、逆に興味が湧いてくるということもありますが、現実的には話のきっかけというのが作りづらくなってしまうので、趣味が合わない人と仲良くなるというのは難しいものです。

食べ物の好みがまったく違うとなってしまうと、一緒に食事をしに行くときには必ずどちらかが我慢をしなければなりませんが、食べ物の好みが同じカップルであれば一緒に美味しい食事を共有することができますから二人の仲をより親密なものにしやすいものです。

考え方も似ていれば意見が対立して反発し合うということが起きにくいので、つまらないところで喧嘩になってしまうということの少なく、良好な関係を続けやすくなります。
恋愛は自分にないものを補ってくれる相手を好きになりやすいと思いがちですが、やはり一緒にいて安心できる相性の良い相手というのはこちらも恋愛対象として魅力的なものがあり、惹かれ合うことはごく自然な成り行きだといえます。
世の中を見渡してみれば性格が正反対なのに上手く行っているカップルというのは珍しものではありませんが、よく観察をしてみると似た者同士がくっついていることのほうが多いものです。
似た者同士は一緒にいて波長が合うだけに安心感があり相性抜群であるため、似た者同士ほど恋愛に発展をしやすいといえます。

恋愛では好きなことが一緒のほうが相性が良いような気がしますが、それよりも大事なのが嫌いなことが一致するということです。
好きなことが一致しなくても相手が好きなことであれば、明らかに自分の価値観にあわないものでもない限り許すことができますし、自分自身も興味をもつことができます。

しかし、嫌いなものであればどれだけ相手が好きであったとしても許容するのは難しいものですし、好きになることもできないものです。
自分はそれが好きだけれども相手はそれを好まない、あるいは相手はそれを好んでいるけれども自分はそれが好きではないとなると互いに相手に合わすことが難しく恋愛関係を続けていくことは難しくなってしまいます。

恋愛は価値観の相違によって終わってしまうということは多いものですが、特に嫌いなものが一致せずに別れてしまうということが多いため、好きなことが同じよりも好きではないものが一致している方が相性はいいといえます。
嫌なことがふたりとも同じであればトラブルのもとを避けやすく、喧嘩になりにくいので上手くやっていくことができます。

もちろん、嫌いなことが一致しなければ恋愛はできないかというとそのようなことはなく、互いに干渉をせずに相手の嫌うことをするときには無理やり誘ったりしないというルールを作っておけば、仲良くやっていくことも不可能ではありません。
価値観が異なるのをわかっていながら、相手に理解をして欲しいと詰め寄ってしまうと強いストレスを与えてしまって破局の原因となるので注意をする必要があります。

好みでないものを無理やり好きになるというのは恋愛関係を持っている相手の望みであっても厳しいものがありますから、互いに嫌なことが異なるというときには相手に強制をしないということがポイントになります。
相手に強制をしなければ嫌なことが異なっていても上手くやっていけますが、それであれば最初から価値観が同じ相手を見つけたほうが余計なストレスがかからずに済むといえます。

相手に恋愛感情を抱くときには好きなことが同じだったというように好みに対する共通事項があったというケースは多いものですが、長続きする関係でありたいというのであれば好きなことよりも嫌いなことが一緒のほうがメリットは大きいといえます。

あばたもえくぼとは言いますがどれだけ相手が好きでも嫌なものは嫌なものですから、嫌なことが一緒のほうがストレスを感じずに付き合っていくことができるのです。