コンテンツへスキップ

“似た者同士は惹かれ合う”理由って?

恋愛において似た者同士が惹かれ合うということは珍しくありませんが、一体なぜ惹かれ合うのかと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。
理由というのはいくつか考えられますが、一番大きいのは考えが似ているだけに一緒にいて安心できるというものがあります。
まったく正反対のタイプの相手と付き合う場合には、自分にないものを相手に求めることができる一方で自分と正反対だけに合わないと思う部分が余計に強く感じられてしまうことは珍しくありません。

逆に似た者同士の場合、自分にないものを相手に求めたり意外性というのはないものの、考え方や趣向が似ているだけに一緒にいて落ち着くことができます。
恋愛では自分にないものを相手に求めるだけでなく、自分の考えに同調をしてくれる人を求めることは少なくありませんから、似ている二人というのは相性がよくくっつきやすいといえます。

例えば趣味が同じであれば一緒に同じ趣味のことで盛り上がることができ共通の話題ができるので、恋愛において有利になります。
その人自体に本当に興味があれば自分のまったく興味のない趣味を持っている相手でも、逆に興味が湧いてくるということもありますが、現実的には話のきっかけというのが作りづらくなってしまうので、趣味が合わない人と仲良くなるというのは難しいものです。

食べ物の好みがまったく違うとなってしまうと、一緒に食事をしに行くときには必ずどちらかが我慢をしなければなりませんが、食べ物の好みが同じカップルであれば一緒に美味しい食事を共有することができますから二人の仲をより親密なものにしやすいものです。

考え方も似ていれば意見が対立して反発し合うということが起きにくいので、つまらないところで喧嘩になってしまうということの少なく、良好な関係を続けやすくなります。
恋愛は自分にないものを補ってくれる相手を好きになりやすいと思いがちですが、やはり一緒にいて安心できる相性の良い相手というのはこちらも恋愛対象として魅力的なものがあり、惹かれ合うことはごく自然な成り行きだといえます。
世の中を見渡してみれば性格が正反対なのに上手く行っているカップルというのは珍しものではありませんが、よく観察をしてみると似た者同士がくっついていることのほうが多いものです。
似た者同士は一緒にいて波長が合うだけに安心感があり相性抜群であるため、似た者同士ほど恋愛に発展をしやすいといえます。