コンテンツへスキップ

沈黙の時間が気まずい…と感じるのは相性が合わない証拠かも

恋愛をしている相手でも沈黙が許せる相手と沈黙が気まずいと感じる相手がいます。基本的に、沈黙を許せる相手であれば、相性が良いと言えるでしょう。もちろん、それ以外の価値観も重要になります。たとえば金銭的な価値観や、恋愛の距離感といったものも必要ですので、黙っている時間が許せる相手でも、必ず自分にとってふさわしい相手とは限りませんが、第一関門をクリアはしています。
一方で、黙っている時間が気まずいと思う場合、おそらくその相手とは恋愛が続きにくいでしょう。相性がよいか悪いかといえば、よいとは言えない可能性が高いです。もし、黙っている時間があると緊張する、あるいはしゃべることが思い浮かばないといったことがあり、それでもなお恋愛を続けたい場合であれば、何らかの対策を立てる必要があります。
対策の一つとしては、その間をつなぐための道具を使うことです。例えば、恋人と会っている時にスマートフォンで撮影した写真を見せて、会話のネタにする方法があります。写真であれば、話べたな人や、沈黙に対して気まずいと感じている人でも、間をつなぐことは十分可能になります。ただし、見せる写真も話のネタになるような写真がよいでしょう。例えば相手が女性であれば、女性が喜びそうな子供の写真やきれいなお花の写真などがよいです。また、最近はペットを飼ってる人が多いため、犬の写真や猫の写真を見せてもよいでしょう。一見女性が嫌がりそうな、爬虫類の写真も意外と話しが盛り上がるかもしれません。間違えても男性が好みそうなアイドルの写真やアニメの画像などを見せてはいけません。
この方法が使えるときは、スマートフォンやデジカメを持っているときです。もしもアルバイト先などで何も持っていないとすれば、この方法は使えないでしょう。
次に、家族の話や、将来の話をさりげなくすると、その間がつながります。例えば、自分の家族で最近会った出来事や、過去にどのような子供であったか、兄弟との関係はどうなのかといったことを話してみると、その沈黙を埋めることができます。また、自分たちの将来について話しをしてみてもよいかもしれません。将来の話しをすれば、この人は真剣に将来のことを考えているのだと相手に思わせることができます。
ですが、それでも間が埋まらないのであれば、あらかじめネタを考えておく必要があります。最低でも三つぐらいのネタは頭の中に入れておきましょう。一人しゃべりにならないように、相手のすきなものをリサーチしてそれについて話しをするとよいです。