コンテンツへスキップ

相性の良さは「しっくりくるな~!」の回数の多さで判断できる

恋愛相手と相性が良いときは「しっくりくる」のがポイントです。波長が合うと言いますが、本当に仲良くなれる相手は話しやすくて、関係も上手くいきます。『似た者同士』と言い変えられますが、似た恋人同士は仲良くなりやすいのも特徴的で、お友達感覚も目立ちます。しかし、男女の間でコンプレックスが関わる恋愛相手とは、相性がある意味で最悪です。理由は自分の持っていないものを持っている異性に惹かれて、激しい恋に落ちた後に冷めた時が危ういからです。コンプレックスを持っている相手には無条件で、無理矢理に引き寄せられます。恋愛ではそのような様子があります。

しっくりくるな~!と思うと、似た者同士な可能性が高いです。しかも一回や二回だけでなく、何回もしっくりくるとかなら相性が良いと言えます。恋愛はけっこう極端で、似ていないで正反対同士が惹かれ合うか、似た者同士でお友達感覚から付き合って恋愛に入るパターンがあります。似ていない正反対同士は最初の気分は最高に近いです。コンプレックスを持っている人がかなり魅力的に見えて、無我夢中になるのが特徴と思います。しっくりくる相手とお友達感覚(恋愛の時)で付き合うと、自分とよく似ていますから、行動パターンや考え方が分かってしまいます。ですから、かなり仲が良くなれますから、そのまま結婚にまで進む時があるんです。

正反対同士が結婚すると仲が悪くなります。恋愛中は無我夢中でのめり込んでも、籍を入れて一緒に生活するとバトルが始まってしまうのが困ったところですから、注意してください。「なんだ!」や「何なの!?」と思う時が来てしまうと後はフィールドを取り合うバトルか、言葉でケンカがスタートします。

おすすめはしっくりくる相手と愛し合うことです。そのままゴールインしたら、籍を入れて生活しても上手くいきやすいですが、最高なケースだと思います。正反対同士は磁石のように引き寄せながら、反発してます。最後はS極とN極は弾き合うだけの関係になってしまいます。初めからくっつき合えば後も楽だと思いますが、あくまで一例です。正反対同士は努力しても、しっくりするのは難しいと思いますが、それは性別以外の話です。もともと、男女は正反対ですが、性格や血液型、干支や生まれ歳の相性が良ければ、かなりカバーできて最高の関係にもなるのがポイントです。

何回もしっくりときた相手なら、相手が良いと判断できますから、その時はチャンスを見逃さずに仲良くしてください。