コンテンツへスキップ

占いで運命の人と結婚できることってある?

女性は特にそうですが、「占いが好き」だという人が大勢います。男性の中にも占いが好きな人はいますが、割合としては女性の方が多い傾向にあることは確かでしょう。テレビでも毎朝独自の結果を放送していることからも分かるように、常に大きなニーズを持っているジャンルだと言うことが分かります。

ただ、何を目的に利用しているのかは人それぞれです。結果を見て一喜一憂する人もいれば、良い結果の時だけ参考にするような人もいます。そもそも科学的な根拠が証明されていないものである以上、明確な根拠を持って確信できるものではありません。いわゆる、「信じるか信じないかはあなた次第」というフレーズがしっくりくるようなものでしかないわけです。

さまざまな目的で結果を活用している人がいる中、婚活中の人などは「恋愛をするきっかけ」として活用することが多くあります。当然のように「恋愛運」として紹介される項目がある通り、占いを参考にする人の多くが興味を持っているジャンルはある程度偏っています。恋愛、健康、仕事、金運(ギャンブル運)などの特定の項目が人気で、中でも特に人気が高い項目が恋愛です。

とは言え、そもそも根拠に乏しい情報を頼って結果が得られる可能性は低いでしょう。たとえば未来人が現代にタイムワープしてきて、未来で実際に起こっている事実を基に「特定の人物に対して明確な助言」をするのであれば信憑性もあるでしょうが、そんなことはありえない以上は不確実な情報でしかないということになります。

ただ、「占いが良かったから」「もしかしたら」という期待が良い方向に影響する可能性は十分にあります。いわゆる「プラシーボ効果(プラセボ効果)」によって状況が好転する可能性はゼロでは無い以上、「良い結果になるはずだ」と思い込むことで結婚のチャンスを掴み取れる可能性はあります。

結局のところ、どのような相手が運命の人なのかは分かりません。結果的に幸せだと感じることができる人生を歩むことができて、死の間際になって「運命の人だった」と感じることができたとすれば、その相手はそうだったのだろうと評価することはできるでしょうが、出会った段階からそうだと決めることはできません。できることといえば、「そうかもしれない」と思い込むことだけです。

「運命の人」が本当に存在しているのかどうかを証明する方法はありませんが、「何かに結び付けて運命だと思い込む」ことが、自分の恋愛を幸せなものにするきっかけに「する」ことができる要因の一つであることは間違いないでしょう。