メタボってどこから?男のダイエット基礎知識

身体が太ってくると、気軽に「メタボ」と呼びがちですが、このメタボリックシンドロームには一定の基準があります。

まず必須条件なのが、お腹周りの太さ、腹囲です。

男性であれば85cm以上、女性は90cm以上であることが第一です。

これは、男女ともに内臓脂肪が100平方cmを超える値になるポイントを考えて設定されています。

そして、血圧・空腹時血糖値・脂質の値によって決まります。

血圧は130/85mmHgという値以上、血糖はdL中に110mg以上、脂質は、中性脂肪で換算するとdL中に130mg、または動脈硬化を抑えてくれる善玉HDLコレステロールがdL中で40mgに満たない場合で考えます。

腹囲と合わせて、この3つの基準の内2つが当てはまっていて初めて、本当のメタボリックシンドロームと言います。

この基準はあくまでも日本での値であり、WHOやアメリカとは男女統合や数値などが微妙に異なります。

メタボの認定は、このようにただ見た目が太っているというだけではされません、そのことには、メカニズム的な視点が関わってきます。

身体の中にある脂肪細胞というのは、脂肪酸の燃焼を促進させるなどの善玉物質と、糖尿病や動脈硬化を促進させる悪玉物質の両方を生み出します。

この働きが悪玉の方に偏り、そちらばかりが多く生み出されるようになると、糖の消化を促進するインスリンが上手く機能しなくなるなどのトラブルを抱えるようになり、当然病気のリスクも高まります。

そして、太っていることそのものではなく、それら動脈硬化や糖尿病の恐れがある状態を、メタボリックシンドロームと呼びます。

脂肪から出される悪玉物質は、肥満によってさらに増える傾向があるので、ダイエットなどで対策をしなければなりません。

食事の改善や禁煙、運動などが挙げられます。

その運動に近い対策として、エステサロンを利用するという手段もあります。

通常のエステは痩身を主なテーマとしているところがほとんどなので、それだけでも有効ですが、メタボという言葉の流行と共に、エステサロンから続々と専用の対策プランが出されています。

多すぎる脂肪をキャビテーションなどで分解したり、EMSなどで筋肉が脂肪を分解しやすくなる状態を作るのも有効です。

また、肥満が気になる男性に対してもメンズエステは通いやすくリーズナブルになっているので、動脈硬化や心臓病が発症しやすいけれども、定期的に運動する余裕はないという男性にこそエステサロンはおすすめできます。