学生時代からのニキビにおさらば!

私は学生時代から、ずっとニキビに悩まされていました。

小学生の時は自分でもつるつるの肌だと思っていたくらい、肌に関して何も悩みはありませんでしたが、中学生になった途端、肌は大きく変化してしまいました。

原因が何なのかよくわからないまま、どんどんニキビだけが増えていき、私の顔は真っ赤になってしまいました。

クラスで誰かが笑っていると、それは私の顔が汚いからだと勝手に思い込んでしまい、人と話をすることすら怖くなっていきました。

今でもあの当時のことを振り返ると、友人と楽しく遊んだという記憶がほとんどありません。

それほど私は1人で殻に閉じこもってしまい、自分の顔に大きなコンプレックスを抱いていました。

そのような状態は高校時代も続き、クラスメイトは好きな女子がいるとか彼女ができたとか、恋愛を楽しんでいる様子でしたが、私は自分に自信を持つことができなかったため、異性に興味はあるものの、好きとか彼女とかそこまで積極的になることができませんでした。

それどころか女子と話をすることも怖く、私の青春時代はニキビのせいで暗く寂しいものでした。

あの頃の自分を思い出すと、最も楽しい時代を無駄にしてしまったことが不憫でなりません。

もっと早くエステという対策を取っていれば、青春時代を楽しむことができたのにと考えると、あの頃の自分がかわいそうに感じてしまいます。

高校を卒業後、私は営業マンとして働き始めましたが、やはりニキビがコンプレックスで仕方ありませんでした。

このまま悩んだままで過ごすのは嫌だと思い、思いきって私はエステを受けることを決意しました。

ネットで口コミを確認した結果、高評価を得ていたエステサロンへ行きましたが、初めの一歩を踏み出すには勇気が必要でした。

しかし、実際にカウンセリングを受けたところ、担当のスタッフの女性が親身になって話を聞いてくれて、緊張していた心が次第に和らいでいきました。

そして、ここなら安心して施術を受けることができると思い、通院を始めました。

私が受けたエステの内容は、体の内と外から働きかけるというものでした。

内側へのケアは、体内の老廃物を排出させるために、腹部に刺激を与えるための施術を行いました。

そして外側へのケアとして、超音波を利用して、毛穴の汚れや角質を取り除き、高濃度のビタミンCを浸透させました。

その結果、エステサロンへ通い始めてから3ヶ月後には、顔のニキビの赤みが消え、その効果に私は心から驚くと同時に飛び上がるほどの喜びを感じました。