加齢で顔が大きくなるのはなぜ?

顔が小さい、それだけで女性の憧れの的になることもあります。

昔はとてもきれいだったのに、年齢が増すごとにだんだんと顔が大きくなることもあります。

何故年齢を増すと顔が大きくなるのでしょうか。

先ず一つの理由は、顔の筋肉が衰えることが原因の1つです。

顔の筋肉というのは、自然なリフトアップ効果があるもの。

そのため、若々しい時は顔全体の筋肉が引き締まり、自然と目尻も口角もあがるという効果があるのです。

しかしながら年齢を増すと、筋肉は緩んできます。

また緩んだ筋肉は重力に従って、下に下がってきてしまうのですね。

その結果あまりしまりのない口元になってしまうことも!それが顔を大きく見せる一つの原因です。

これを改善するためには、エステなどにいって、小顔矯正の施術を受けるのも一つの方法。

また加齢になることを意識して、自分なりに顔の筋力が衰えないように努力をすることも大切です。

次に顔が大きくなる原因は、皮膚のたるみです。

上記の筋肉が衰えるということとも関連をしてきますが、加齢に伴い、少しずつ皮膚がたるんでくるのです。

通常は肌の中の水分がしっかり保たれていると、肌にハリもありあまり垂れ下がるということはありません。

しかし年齢を増すと、段々と肌の水分が失われることになってしまうのです。

肌の水分量が少なくなると、皮膚は乾燥し、緩んでくるのですね。

その結果皮膚がたるんで顔が大きくなってしまうのですね。

そんな時にはエステにいって、顔の水分量をしっかり測ってもらうと良いですね。

保湿をしっかりする、またエステで小顔の矯正を受けると改善してくるはずです。

次の原因は、顔のゆがみ。

私たちは毎日食事で口を使います。

歯を使います。

顎を動かします。

しかしこの時に左右均等に口を動かせるという人は少ないのです。

その結果だんだんと口元に歪みが出てくるのですね。

また口だけではありません。

姿勢や視線などで常に顔は動かしているのですが、その際に個人の癖というのがあるので、なかなか顔が左右均等には動かないのです。

それが積み重なって現れるのが顔のゆがみ。

顔のゆがみは、顔が大きくなる原因になります。

そのためエステで見てもらうと歪みを指摘されることもあるでしょう。

そんな時には、小顔の矯正で歪みをとってもらうと、顔を少し小さくすることができます。

また歪みを減らすための習慣をつけると、顔が大きくなりにくい生活を手に入れることが出来るのです。